海外旅行に行くときはカードがあれば安心です

アメリカやカナダではホテルではカードが必要です

アメリカやカナダは、カード社会と言われています。カードを持っている人が言わば普通の人とされ、カードを持っていない人はカードを作れないのは何か理由があるからだと思われます。日本は、そこまで、カード社会は進んでいませんが、アメリカやカナダのホテルに泊まるには、カードを提示させられます。この人間は、カードを持っているかどうかで、一定レベルの人間かを判断する一つの手段となるからです。もし、アメリカやカナダに行く予定で、カードを持っていないとしたら、旅行に行く前にカードを手に入れて置いた方が無難でしょう。しかも、カードによっては、海外旅行の保険がついた物もありますので、そういうカードに入れば無駄なことはありません。

カード一枚でほとんどの国に通用します

日本で発行されているカードは国際的にもほとんどの国で通用します。ですから、お金がなくなりそうになったら、カードで支払いを済ませる方法もあります。また、カードを数枚持って行けば限度額に達するまでには1枚分よりも多く利用できます。ですから、現金を持ち歩いて紛失したりするよりも、カードで買い物をしたり、食事をしたりする方が便利です。ただ、どこでもお店でもカードは使えません。極端な話、アジアの露天で良い商品があってもカード払いはできません。これは、日本でも同様です。従って、カード払いできるお店はある程度質の高い品物を扱っているお店です。もちろん、空港の免税店などは、カード払いが有効で、日本のカード会社も信用があります。